FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

通院ストレスの弊害

通院ストレスの弊害

七夕の夜にお願いしたばかりだったんですけど、7/8(火)会社から帰宅後にまず違和感
いつも元気に出迎えてくれるひめがいない
「あれ、どうしたんだろ?」 そう思いながらも、みんなのご飯の用意をし始めると
ひめがキャットタワーの中段の所へ降りてきました

「こんな所にいたんだ~」 とひめに近づくと、何だか様子がおかしい・・・
目に覇気がなくお腹を上下させていて、呼吸が少し荒い感じ、そして右前脚の動作も変

!!!  骨折? それとも何か別の病気? 一体何があったの!?

急いで動物病院へ連れて行き診察を受けました

結果、傷が膿んで患部が腫れ、40度以上の熱が出ているとの事でした
その傷は≪噛み傷≫です と言われました
「噛み傷!?・・・」

傷口は毛の下に隠れ見つけにくく、かさぶたで蓋をされており、具合が悪くなるまでは当日の朝ご飯もちゃんと食べていたので気づけませんでした・・・
かさぶたをはがした傷口は大きく穴が開き、大量の膿みが中から出てきて。。

2週間効果が持続する【コンベニア注】という抗菌剤の注射と傷口の処置をして頂きました
008_convert_20140711204423.jpg



自分で舐めてしまうので塗り薬は使用せず
傷口から出てくる膿みや液体をこまめに拭きとっています
001_convert_20140711203913.jpg



ここからは翌日の写真です      熱があってまだグッタリしています
004_convert_20140711204049.jpg



目もボヤ~っとしていて元気がありません
005_convert_20140711204140.jpg



ずっと私の側で眠っていました
006_convert_20140711204245.jpg


このような状態になった経緯や原因は分かっています
でもまさかこんなに深い≪噛み傷≫だったなんて・・・
たまにある小競り合いの猫パンチ程度だと思っていました・・・

この傷を負わせたのは ほくと です

7/5(土) 点滴通院から帰宅後の出来事
タンスの上の黄色の肉球ベッドで寝たかったほくと
ですがそこはすでにひめが寝ていて自分は寝れません
いつもなら別の場所へ移動するはずが、ベッドの側から離れずどんどん寝ているひめに近づいて行き、それに気づいたひめが「ウゥーー」「シャー!」と声をあげてしまい・・・タンスの上で揉み合う声が!
その声に気づき、すぐに2匹に声をかけ争いは一瞬の短い時間だったと思います

それがこんな事になってしまっていたなんて。。。  始めてです。。

本気の≪噛み傷≫

長く続いている病院への通院が、ほくとに相当のストレスを与えてしまっていたのだと・・・
この日もワンちゃんの来院が多くて、たくさんの大きな鳴き声にビクビク震えて
ひめに唸られた事をきっかけに、何かを発散させるみたいに爆発してしまったのかな。。

すごく仲がいい訳ではないけど、悪い訳でもない
この後も並んでご飯を食べていたし、鼻チュー挨拶もしていた
だから、熱でグッタリしてしまうまで気づけなかった。。。
このストレスの矛先が、この時はたまたまひめだった

ほくとにも ひめにも 申し訳なくて

通院後のストレス緩和のケアをしっかりとしていかないと
この先も同じような事が起こってしまうかもしれない

みんないっぱい我慢して頑張ってくれている


こんな事が起きてしまってから、そのストレスがどれ程のものかを知るなんて。。。
おかーちゃん、やっぱりダメダメだね・・・ ホントごめんね


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
neko-itumoarigato.gif
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ブログ拝見しました。
ひめちゃん大変でしたね。
つい噛んでしまったほくとくんの気持ちも、辛いです。
病気や通院は、やはり大きなストレスを抱えるのですね。
そのストレスをどのようにケアするか、多頭飼いの場合とても難しいと思いました。
ほくとくんは普段大人しいですから、部屋を分けておくタイミングを見計らうのも難しいですね。
プリンの場合は、機嫌が悪い時は、他の兄弟たちをしばらく別の部屋に隔離しています。
私もこのような事故が起きないように、改めて気を付けようと思いました。
ひめちゃんが早くよくなりますように。お大事にしてください。

ショコラさん、こんにちは。

ひめちゃん早く治るといいですね。
40度の熱とは・・・歯はばい菌沢山いますからね。

私のところも病院から戻ってきて本気の大喧嘩した事ありました。
大人二人で引き離すのがやっと。

気が立っていると何かの拍子で大変な事になりますよね。
これで攻撃をまたするとなると隔離がいいと思いますが・・・。

別の部屋へ引き離したりすると、関係修復がうまくいかなさそうなので、いつもと普段どおりなら様子を見ながらでしょうか。

しかし傷口が奥深くてすごく痛そうですね。
お大事にしてあげてくださいませ。

とてもびっくりしました!
こういう事もあるんですね。。。
ひめちゃん、痛かっただろうに・・(T T)
頑張ってたんですね・・
ひめちゃんの気持ち考えるとおばちゃん、泣けちゃう。。
でも、だからと言ってほくとくんも責められないね。
ほくとくんも我慢してたこといっぱいあったんだね。。

精神的なケアって本当に難しいですね。
言葉が通じないだけ、より慎重にしないといけないってこと
私も痛感しました。

でもショコラさんが悪いわけじゃないですよ!
絶対にご自身を責めないでくださいね。

puriママさんへ

こんな事は初めてで・・・
実際に見る傷はこんなに深く穴が開くものなのかと、目を覆いたくなるほどで
それでも熱で苦しむまで、ひめがあまりにも普段通りだったものだから。。

こんなに酷い傷になってしまっていたのに、ほくとを威嚇して側から逃げるとか
行動に変化が現れる事もなく、一緒に過ごしてくれていたので余計です。
みんながほくとを警戒するという事もないので、通院後のほくとをケアして
ストレスを発散させてあげて、暴力的にならないように気をつけようと思いました。
普段はとってもおっとりさんなので、溜め込んじゃったのかなぁ。。

Hiroさんへ

病院で熱を計った時、先生がこれは苦しいはずと言っていたので
エアコンで温度管理していても、この湿度でかなり辛かったのかな・・と。

いつもと違う行動に、イライラが募っている事を察知して注意深く見ていて
あげられたらよかった(;_:)
みんなは普段通りなんですよ。分かってくれているのかなぁ。。誰もほくとを
警戒したりしないので、独りぼっちにならずにすんでいて有り難いです。
実際に見る傷はかなりのものなのに、一緒に御飯も食べてくれるひめに
涙が出そうになります。 早く治って欲しいです。

ひかりさんへ

ひめにとっては、いつもの小競り合いと思ってくれているのか
傷はかなり深く相当のものなのに、普段通りにしてくれている事に
私も泣きそうになります。
「こっちに来ないで、あっちに行って!」なんて逃げたり、警戒する事もないし
鼻チュー挨拶もしてくれるんです。いい子(;_:)

でもほくとがいつもと違う事は感じていたんです。いつもはすぐ諦めて引くのにって・・・
いっぱい我慢したのに、また我慢しなきゃならない状況に「もー嫌だー!」
ってなってしまったのかも。。大反省です(;_:)
これから改めて通院後のケアをしかっりしなければと思いました。

ショコラさん、こんばんは。
とてもビックリしました…その後ひめちゃんの熱は下がりましたか?
痛々しいキズ…心配です…>_<…
もちろん!ほくとくんを責められないし、飼い主としてはとてもつらいとこですね。。
私もまおは毎週の通院、雨が来た事のストレス、雨は狭い部屋に閉じ込められてる事へのストレス…何が起こってもおかしくない!と怖くなったし、気をつけなければと気が引き締まりました。
ひめちゃんが早く元気になるよう、お祈りしています。。

maoyes11さんへ

ひめ、熱も下がって傷口もだいぶ良くなってきました^_^
あんなに大きな穴が開くものなのかと、私も驚きました。。
相当痛かっただろうに、気づいてあげられなくて(;_:)
私もこんな事は初めてで、ほんの些細な事をきっかけに何かが起きてしまうほど
にゃんこ達にとっては嫌な事なんだと痛感させられました。
今は通院後に大好きな事をいっぱいしてあげて、ストレス緩和に努めています。
ご心配有難うございました(*^_^*)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。