FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

問題行動

問題行動

術後しばらくは、いつもの行動だと思っていました
昨年、リンパ節切除生検手術をした時も何も問題なんて起こらなかったから・・・

これは抜糸前に撮影した写真です
006_convert_20150311215539.jpg

005_convert_20150311215453.jpg

腕の部分の毛がなくなってしまっています
最初の頃は普通に毛繕いをしているだけだと思っていました
ご飯のお世話や涎を拭いたりしていた時にふと見ると、ピンクの地肌が見えていたんです
『えっ!何これ!?』
とすごく驚いて、その後へーたの様子を観察していたら
毛繕いというような感じではなく、その部分の毛を引きちぎりむしり取っていたんです

日々の様子を見ていて気付いた事は、お顔を洗ったり、脚を上げての毛繕いをしなくなった事
手術をし糸で縫い合わされた頬、胃チューブの設置によるお腹の違和感
前回の手術では、服を着ていても普通に出来ていた毛繕い。。今は全くしていませんでした

何かカバーのような物を腕に巻いて保護した方がよいのか、抜糸の際相談したところ、これ以上のストレスが更にかかるかもしれないし、まだ出血等がみられるような状態にはなっていないので、もう少し様子を見ましょうという事に・・・

抜糸後の様子
005_convert_20150311215240.jpg
両腕ともこんな感じで、どんどんその範囲が大きくなっていってます

へーたが起きている時は側について、その行動が見られ始めたら、優しく話しかけながら腕に私の手を乗せて行為を止めさせるようにしたりしていました
何度も繰り返してしばらくすると、諦めて眠りについてくれるのですが・・・
朝起きて見ると、口の端から大量の毛束がぶら下がっていたりして

かかりつけ医にも相談したところ、腕についた涎が気になって嫌なのではないかというお話しで
下顎を切除した猫ちゃんで、涎が出てしまう子に見られる行為かもしれないとの事でした
他を毛繕い出来ないストレスではなく、涎が気になっての行為
そういった可能性もあるので、試しにカバーをつけてみて、更に嫌がったりして酷くなるようならすぐに外すようにしてみたらよいのではないか、とご提案を頂きました

で、こういった物で巻こうとしてみたんですが。。。
002_convert_20150311220834.jpg
とりあえず家にあるもので何かと探し、吸水性のよい布と紙テープを見つけてつけようとしたのですが、うまく巻けませんでした
きつくテープで留めなかった所為もあるんですが、布がズリ落ちてきてしまいスッポ抜けのように
にゃんこの腕にフィットするようなサポーターみたいな物ってあるのかな
加減が分からなくてきつく巻けないんですよ。。紙テープ
ぐるぐる巻きしても大丈夫なのかな
かかりつけ医はゆるめに巻いてってお話しだったので、テープじゃない何かの方がいいよね
何かいいアイテムを探してこの行為を止められるといいんだけど

更にレメディも注文してみました
過剰グルーミングに効くらしい、【クラブアップル】というレメディです
商品が届いたらこれも使用して様子を見ようと思っています
効いてくれるといいな。。

006_convert_20150311215332.jpg

むしり取る毛の量がすごいので、舌が出ている反対側の口の端にその残骸が出ていたりします
飲み込めない分は取れるけど、お腹の中に入ってしまった毛はどうにも出来ないので、何とか対処法を見つけて止めさせないと大変な事になってしまいます

自分の身体なのに、今までとなんか違くて
どうしていいか分からなくて困っているのはへーた
嫌な事・辛い事は少しでも取り除いてあげたい
のんびり穏やかに過ごして欲しい

解決策見つけるまでもうちょっと待っててね

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんばんは!

ストレスは一番の敵ですね💦
涎が原因となると柔らかい生地でよだれ掛けのようなものを作ってみるというのはいかがでしょう?

何だか簡単に言っちゃってる感じで申し訳ないです💦
それや軽く濡らしたコットンで手などを優しく拭いたりなんていうのもいいかもしれません!

解決策まだまだ考えてみようと思います!

NoTitle

何が原因かを本ニャンが言ってくれないから、
どうしたら一番良いのかが、わからない。
こういう精神的な悩みは一番困ってしまいますね。
レメディーが効くと いいですね。
P.S
腕の患部保護はすごく難しいです・・。
伸びるタイプの包帯を、ニャンが自分できつくして、
血流がストップしてしまい、腕が腫れた経験あります。
家では結局 首が動かなくなるようにしましたが、
手先は届いてしまうでしょうし・・
洋服に 腕から指先まで全体の布を、自分で付けると
毛だけは抜かないかもしれません。


NoTitle

へーたくん大変そうですが、うまく状況に適応してくれると良いですね…。

先代猫の足の皮膚疾患で、うちも伸びる包帯を使っていました。
(薬を塗ってガーゼで患部をくるみ、上から伸縮包帯を巻きつける要領。)
↓こんなやつです(Amazon:くっつく伸縮ホータイ 指用)
http://amzn.to/1GtN5d4

ただやはり気にして舐めたり引っ張ったりするので、こまめに変える必要がありました。
気休め程度にしかならないかもしれませんが、紙テープよりは扱いやすいので一度試してみてはいかがでしょう。

Re:

e-53猫好きのポンさんへ

ストレスがどれだけ身体に影響を及ぼすか、経験から痛いほど分かっていても、言葉が通じない以上憶測で判断するしかなく辛いです。
涎が原因と決まったわけではないので、可能性のある事をいろいろと試して対処していくしかありません。
へーたを観察していると涎とは違う気がするんですよね。。。


e-53まぐろさんへ

本当に言葉が通じないのがもどかしいです。。
こんな風に自傷行為のようにストレスが表れてしまうと、へーた自身が辛くなるだけだから(;_:)
レメディ、効いてくれるといいんですけど。
腕の保護は難しいんですか・・
まぐろさんのにゃんこもそういう経験があったのですね。
やっぱり何かを巻いて保護するか、行為自体を止めさせる為の取り組みをしないとですよね。
いろいろ試して観察してみます。


e-53Mさんへ

まさかこんな事になるとは考えてもみなくて・・
やはりとんでもないストレスがへーたにかかっているんだろうと。。(..)

この商品包帯同士だけがくっついて、患部には貼りつかないのですか!?
こういう商品もあるんですね。
今でさえ毛を引きちぎっているから包帯も剥がされそうですが、試しにこの商品を使用してみようと思います。
いい感じに腕に巻く事が出来れば何か変化があるかもしれないですし。
教えて頂いて有難うございます^_^
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。