スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
大切な場所  ←大切な場所 【--年--月】の更新記事一覧 →ちび検査結果  ちび検査結果
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

痛みや異変のサイン

痛みや異変のサイン

へーたの温もりが消えたあの日からもう半年
時間をかけて、少しずつ少しずつへーたの事を語れるようになってきた所へ訪れた“母の死”という絶望
いろんなものが空っぽで、言葉を綴るのにもすごく時間がかかる程に心も何もかもが気力を無くしてしまっているような状態です

更新もあまり出来なくなってしまったそんなブログへ今も足を運んで下さる人達がいらっしゃって
また様々なキーワードでたどり着き、へーたの闘病の様子等を見て下さっている方がいると
「あぁそうだ、伝えたい事があるのにまだ全然伝える事が出来ていないんだった…」と思い出されます
あの頃は日々の様子を記録するだけで精一杯でした

へーたが力強く生きた証
頑張って必死で生きて教えてくれたいろんな事
無駄にしないようにきちんと伝えなきゃ、だよねへーた
P1040034_convert_20151120010904.jpg
オゥ、オレ頑張ったぞ!


へーたを喪って感じたたくさんの後悔の中の一つ
それが【癌の痛み】に関する事でした
猫さんって状態が悪くてもギリギリまで我慢して隠す傾向にあるから、尚更気付きにくかったりしてしまうんですよね
でも異変や違和感のサインは出しているんです
それに気付けなくて対処が遅れて、もっと色々出来たのにそれをしてあげられなかった後悔が自分を責め、いつまでも心残りとして重くのしかかり苦しみの闇から抜け出せなかったりしています

こちらのサイトに癌の痛みについての詳しい説明が記載されているので参考にして頂きたいです⇒アニコムさんのサイトです

痛みがない、感じていない、のではなく気付けていないだけかもしれません

へーたは骨浸潤が酷い特徴の癌でした
骨が溶ける痛みは相当なものだと獣医師は言っています
それでもへーたの見せたしぐさや行動が痛みによるものとの判断が出来なくて、主治医に尋ねた時も何故そういう事をするのかわからないと言われたんです
獣医師も自身の経験からの判断になるのでしょうから、へーたのしぐさと照らし合わせる症例がなかったんだと思います
ですが、それらの行動は後になってようやくわかりました
痛みや違和感に対するしぐさの表れだったのだと

へーたのしていたしぐさの一つ
[広告] VPS

これは口腔環境が悪い猫ちゃんをケアされている方はお分かりになると思います
口内炎とかお口の状態がよくない子はこんな風に口元をカシカシする事があるようですから、口内に何らかの異常がある事に気付けると思います
でもへーたは口内に出来た異物を邪魔に感じ、それを取り除きたいがためのしぐさのように見えました
このしぐさが見られ始め病院を受診した時にわかったのは、腫瘍が粘膜に形成されていた事
ですが、後の検査ですでに骨溶解がかなり進んだ状態である事が判明し下顎の半分の骨はなくなっていたのですから、痛みに対するしぐさならばもっと以前から表れていたと思うんです
癌に侵された下顎の切除後はこのしぐさをしなくなりました
痛みが治まってしなくなったとも感じられますが、この後この動画のようにまたこのしぐさをするようになります
それが、水泡のようなものが口腔内に出来てしまったからだったのでは?と思うようになりました

このしぐさとは別のある行動
当時のブログでも綴っていましたが、嘔吐ではない『ゲーッ!』と何かを吐き出すような行動
突然何の前触れもなく大きな声で、多い時は一日に何度も発したりしてたこの行動がまさに

【痛み】のサインだったからです

癌発覚前の口元をカシカシする以前から時折見られていたけれど、これまでの検査で口腔内の異常は発見されずフードを飲み込みづらそうにする行動と合わせて、甲状腺の肥大が原因の行動なのかと思ってしまっていました
本来ならばこの時点でおかしいのですが、検査をしてもいろんな事がわからない特定出来ないへーたのこれまでと、へーたの食に対する執着、生きる為の力の源である食事を、痛みがあるにも関わらず毎日摂取していた事で、腫瘍が形成されるまで対処が遅れ癌を進行させてしまいました

もしお家の猫ちゃんが口元カシカシや口に関して変な行動が見られるのに、まだ口内に異常が見られないような状態の時は、骨に異常がある可能性も視野に入れ主治医に相談してみてもいいかもしれません
その時点でレントゲンによる異常が見つかれば、早期発見での対応が出来ると思います

この『ゲーッ』という行動も術後に見られなくなった事で原因はわからないままだったのですが
その行動がまた表れ始めます
その時の記事がコチラ⇒4/11の記事

そしてこの後の検査にて癌の再発が発覚し、この時の処置にてようやくへーたの【痛み】として気付く事が出来たんです
その様子の記録はコチラです⇒4/22の記事


今回はへーたが発してくれたサインについてをまとめました
今度はその痛みの緩和等
癌性疼痛に対して出来るケアを記事に出来たらと思っています

へーたが教えてくれたいろんな事
誰かの大切に思う愛しい子達の役に立てますように

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
大切な場所  ←大切な場所 【2015年11月】の更新記事一覧 →ちび検査結果  ちび検査結果
 

~ Comment ~

おはようございます。

本人にしかわからないと言いますが、骨までいってしまった癌の痛みは相当痛いようですよね。意思疎通できる人間ですらモルヒネを使い意識混濁させなければやり過ごせない。
動物となったら、本当にサインを見分けるのが難しいと思いました。限界まで我慢しちゃうんですものね。
デラの貧血の場合は食欲、眼、肉球の色、黄疸のあるなし、辛くなってくると心拍が早くなる。それくらいしかサインを感じとることしかできませんでした。
何か他にしてあげられる事はなかったか、たまに考えてしまいますが、私の場合は、輸血しか手段がなかった。上記の判別しかできなかった。何とも言えないもどかしさを今も感じています。

病状によってそれぞれ違いますが、ショコラさんが1つ記事にする事で、情報を頭に入れて置くことができます。すごくありがたい事です。

NoTitle

私も最近 ニャンズのビデオを見て、
その時 見逃していたことを、冷静に見て、
考えることができています。

痛みは 人間も辛くて・・大声で痛いと叫ぶこともあるのに、
彼らは極力耐えている・・んですよね。

早期発見できれば一番いいですが、
なかなか そこまで向き合ってくれる医師もいないような気がします。

Re:

e-53tomoさんへ

当時主治医にもそう言われました・・・「骨が破壊される痛みはかなりの痛みである」と
人間なんて本当に痛みに弱くて、頭痛や歯痛等耐えられずにすぐ薬を服用するぐらいなのに
にゃんこも耐える強さを持っているだけで痛い・辛いは一緒なんですよね
それを緩和出来る方法がある場合はもっと積極的にしてあげたかったです
やっぱり食欲や普段の生活状況の変化等からサインを見逃さないようにするしかないですよね
tomoさんはデラちゃんをよく見ていらっしゃったと思います
出来る事が限られてしまっているのも辛い
出来る事がもう何もない、というのも辛い
でも、してあげる事が出来た、あったのにそれを出来なかったというのは、本当に悔やんで自分を責めて申し訳ない気持ちが心を支配してどうにもならなかったです。。。

文字にして残す事で記憶・記録が整理され、改めて気づかされる事もありますよね
そのように言って頂けて嬉しいです(^^)


e-53まぐろさんへ

お世話をしている当時は必死過ぎて見逃してしまっている事や、わからなくて対応が遅れてしまっていた事がたくさんありました
今振り返って思う様々な事が誰かの必要な情報になれたらと、へーたと過ごした時間を無駄にしない為にも色々と整理してみました

本当に・・・にゃんこは耐えているだけで辛くないわけじゃないんですよね
出来る事はしてあげたい

獣医師の対応、私も感じた事の一つで、次にまとめるお話しにその事についても交えながらまとめようと思っているんです
よい医師に巡り合えるってそうないものですよね・・・

NoTitle

ショコラさんがまとめてくださる情報、私も自分の知識として生かしていきます。
でも、振り返ることで辛くなると思いますが、大丈夫ですか?
無理はなさらないでくださいね。

私もいろいろとあります。
なんであのとき見逃したんだ!なぜしなかったんだ!と・・・
思い返してわかる初期のころ、そのときの自分は緊張感がなくて、なにも気にしていなくて・・・
あのとき検査をしていれば!と、今だったらわかるんですが。

もう見落とさないように、見逃さないようにしたいです。
あの子たちが教えてくれたことだから。

星澤さんへ

ご心配下さって有難うございます、大丈夫です(^^)
私が辛いより、今頑張っているにゃんこ達を応援出来る何かがしたいんだと思います
私のブログアクセス解析がついているので、検索キーワードがわかるようになっているのですが、癌に関する事や薬の名称、症状等で訪れ下さる方も結構いらっしゃって、あぁ今正に闘っているんだって必死だったあの頃の自分を思い出すんです

そうなんですよ
振り返った今だから思ういろんな事があるんですよね、何であの時すぐ行動出来なかったんだろう・・とか
それが出来ている人達のブログ等を見ると余計辛くて。。
みんなが教えてくれた事、これからにしっかりと活かしていきたいと思います
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。