スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

胃瘻チューブ用の服

胃瘻チューブ用の服

ずっとご紹介したかったんですけど、日々の記録を綴るのに精一杯でなかなか記事に出来なかったので、今日はへーたのお洋服についてお話ししたいと思います

口腔癌なのでいずれ経口摂取が難しくなり栄養が摂れなくなる事を考えて、腫瘍切除手術の際胃瘻チューブの設置を同時に行いました
チューブがお腹からぶら下がっている状態ですので、衛生面や歩行等チューブをしまっておく事の出来る洋服の着用が必要になり、いろいろ検索をしてこちらのお店にオーダーメイドで洋服を作って頂く事にしました
みかんとリンゴのお店

普通のお洋服も作っているお店
紹介文では1週間以上時間を要してしまうような説明でしたが、病気の子やケアが必要な子の為のお洋服は優先的に作成して下さるようで、注文したその日の夜に自宅に確認の連絡が来て、へーたの寸法等細かい調整を電話でお話しし、翌日には作成に取り掛かりすぐに発送して下さいました
とても有難かったです

これがへーたの為に作って頂いた胃チューブ用のお洋服
010_convert_20151216001046.jpg
002_convert_20151216000533.jpg
サイト内にある生地から好みの物を選び、縁取り用の生地も選ぶ事が出来るんです
たくさんの生地の中から一生懸命へーたの事を思いながら選びました

≪お腹側≫
003_convert_20151216000640.jpg

≪背中側≫こちらが開くようになっていて、マジックテープと上部はボタンで留めるようになっています
004+(2)_convert_20151216000741.jpg

≪チューブを収納するポケット・裏側≫穴が開いていてここからチューブを通します
005+(3)_convert_20151216000842.jpg

≪表側≫ここにチューブを収納し、ご飯の時にチューブを取り出してフードを注入します
006+(2)_convert_20151216000937.jpg

こちらが当時の食事の様子です⇒胃瘻チューブでのご飯


へーたが入院している間に準備した最初のお洋服は既製品の物を購入してしまい、やはりサイズが合わず丈が短くてチューブのあるお腹部分が見えてどこかに引っかかってしまう危険がありました
退院時に病院から着てきた術後服とあわせて2着のみでは、嘔吐時の洗濯で足りなくなる心配もあり、もう何着か必要だなと思い、やはりへーたの身体に合わせたオーダーメイドのお洋服を注文する事にしたんです

リンパ節切除生検手術の時もそうでしたけど、カラーも洋服も嫌がる事なく身に着けてくれて、このお洋服もまったく気にする事なく普通に生活してくれていました
本当はどんな風に思っていたのかわからないし、知る事は出来ないんですけどね。。
医療もそうですが、こういった生活の変化、お世話、強制給餌等をどれだけ受け入れてくれるかによって、その子の今後に影響が及ぶ事は絶対なんだと思うんです
拒否された時点ですでに延命は難しくより厳しい状況になりますから
延命どころかストレスで逆に命を縮める行為になってしまう事もありますしね
私達の願いとは裏腹に・・・です
もっとずっと、少しでも長くそばにいて欲しいと願う私達家族の思い
それらを受け入れてくれる、生への執着や生きる力がある
というのを実感させてくれるのは本当に嬉しい事です

ほくとが来た時もひめやちびを迎え入れた時も、気にする事なく我が道を行くって感じで、どんな事もどっしり構えて受け入れてくれたへーた
本当にすごい子だなぁっていろんな事を思い返す度に思い知るんだよ
だからへーたはキングなんだよねって

オレ様イケてるー?
028_convert_20151216001218 (2)


うん、最高にカッコイイぞ

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

医療もそうですが、こういった生活の変化、お世話、強制給餌等をどれだけ受け入れてくれるかによって、その子の今後に影響が及ぶ事は絶対なんだと思うんです

本当に そう思います。
なかには 猫ちゃんの性格が凶暴すぎてできない場合もありますが、
飼い主さん側が、できない~~。とすぐにケアをあきらめるケース がありますから。

ちゃんとケア(投薬・経口のサプリメントや 給餌、自宅皮下輸液 など)をすれば、
確実に 良い状態になれるのに・。
そういう場合は 本当に聞いていて歯がゆいです。

家の子には、なんでもできるようにする。
このことは すごく大事ですよね。

強制給餌、幸いデラもお洋服OK、シリンジでa/dも上手に食べてくれたのでその分少し長く生きてくれたのかもしれません。

もし先々ゆきはなが。。。となった時に受け入れてくれるのか。本当にその子その子によってはストレスになってしまいますよね。

オーダーメイドのお洋服、すごい。採寸しても自分で作るのはなかなか難しいですよね。でも姉作成の最後に着れなかった服はたぶんぴったりだったはずだったんです、着せてあげたかったとまた思いだし( ;∀;)

またひとつ参考にさせていただきます、ありがとうございます(*^^*)

へーた君、本当に格好いい!(о´∀`о)

Re:

e-53まぐろさんへ

家の黒猫さんもちょっとお世話が難しくて、今もサプリを飲んでもらうのに苦労してしまい、思うように出来ないでいるとこれからの事がとても心配になります
少しのサポートで改善される状態もあったりしますから、なるべくストレスなく受け入れてくれるとどちらの負担も減るんですけどね(^^;)

少しでも苦しみを取り除いてあげたいと願うのに、それが出来ないとなると歯がゆいですよね
やっぱりある程度の慣れって必要なんだなぁと改めて思います
お世話しやすい子は薬でも何でも本当に楽ですもんね


e-53tomoさんへ

デラちゃんも本当に頑張り屋さんでしたね
シリンジ給餌もOKってかなりすごいと思います
皆さんこれで心が折れてしまいそうになる位大変な事だと思うんです、受け入れてもらえないと。。
『お願い・・食べて』って(:_;)
食べる事=命の糧ですから延命に繋がるとっても大事なケア
ストレス無く出来る事が一番望ましいんですけど、なかなか難しいですよね

デラちゃんのお洋服、お姉様すごくお上手で羨ましかったです~
自分で作れたらどんなに良かったか(>_<)
へーたを目の前にメジャーで採寸しながらお店の方と電話でやり取りしてました

ホント、細かい事も小さい事も全然気にしない感じの男前なキングです!
格好いいと言って下さってありがとう~
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。